[並行輸入品]激安単焦点レンズ、EF50mm f1.8を超初心者がレビュー

どうも、こんちは、かんた(@kanta_0831)です。

今回は、前回の記事で紹介したEOS kiss x9に取り付けるようのレンズとして購入した「EF50mm f1.8 STM」を紹介していきます。

しかも、1000円をケチって、安い並行輸入品の方を購入しました。

では、いってみよー

カメラ初心者に最適!EOS kiss x9がやってきた!開封と購入した理由どうも、こんちは、かんた(@kanta_0831)です。 今回はEos kiss x9を購入したのでその紹介となぜ購入したのかに...

YouTube動画

開封

じゃん!

こちらが商品パッケージです。

安いレンズなので、こんなしょぼいパッケージなのか、並行輸入品だからしょぼいのかはわかりません。

上側はこんな感じ。

英語でいろいろ書かれています。

中身はレンズ本体と説明書のみ。

暗くて見づらいですが、いろんな言語で説明が書いてあります。

日本語はありません。

商品外観はこんな感じ。

おそらく国内で売られているのと変わらないと思います。

Eos Kiss x9に取り付けるとこんな感じになります。

割とコンパクトなので、気軽に持ち歩けそうです。

 

撮影時に焦点をあわせるために、ビョンビョン伸びます。

作例

シャッタースピード:1/250
ISO:100
f値:3.5

シャッタースピード:1/320
ISO:100
f値:2.5

シャッタースピード:1/400
ISO:100
f値:3.2

上の写真は僕が撮影した写真です。

すべてEF50mm f1.8 STMで撮影したものとなります。

家に届いてからすぐに撮影に行ったので、初めての一眼レフなので、かなりの下手くそです。

そのへんはご勘弁を、、、

使ってみた感想

んで、少し使ってみた感想ですが、、、

ぶっちゃけ使いづらいです。

なんでかというと、APS-C機にこのレンズをつけると、35mm換算で80mm相当になります。

80mmというと、中望遠レンズと呼ばれる部類になり、普段スマホでしか写真を撮っていない人にはとても使いづらいものとなります。

詳しくは別記事で検証しますが、iPhoneのカメラと同じような画角で撮影するには35mm換算で28mm相当のレンズが必要です。

iPhoneみたいに使いたい方は上のレンズがおすすめです。

35mm換算で38mmぐらいなので、ちょうどいい広角具合です。

価格も抑えめなので、このレンズを初の単焦点として購入するのもいいかもしれません。

僕もそのうち買うと思います(笑)

※2019年4月9日追記

プロテクターフィルターも追加で購入しました。

やっぱり、あったほうが気軽に使えます。

掃除も簡単になるので、よほどのこだわりがない方はつけることをおすすめします。

まとめ

今回はカメラ初心者が「EF50mm f1.8 STM」の紹介をしました。

APS-C機で使うと少し望遠気味になってしまいますが、15,000円でf1.8が手に入るので、とりあえず購入して使ってみるのがいいと思います。

あと、いくら安いレンズとはいえ、レンズはレンズなのでプロテクターフィルターも忘れずに購入してください。

僕は買い忘れたので、何かのついでに買いたいと思います。

そんじゃ、ばいばい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です