読んだ本を活かす!「レバレッジ。リーディング」のススメ

どうも、こんちは、かんた(@kanta_0831)です。

今回はレバレッジ・リーディングという本を読んで、学んだことを紹介したいと思います。

では、

いってみよー

本の内容

この本は主に

  • ビジネス書をどのように読むか
  • 本の選び方

について書かれています。

 

この本は2006年に出版されたもので、かなり大ヒットした本になります。

内容が若干古い部分があるので、役に立たないところ(ガラケーでの本の買い方とか)があるのですが、この本の肝である「本の読み方」は今でも通用する読み方です。

 

読書格安な自己投資となり、他人の体験を疑似体験することができ、成功者の考えや意見を知ることができます。

しかも読書(勉強)をするだけで、その他大勢をすぐに追い抜くことができますよ。

なぜなら、「社会人の経均勉強時間は、、、6分」だからです。

社会人の平均勉強時間は……わずか6分!勉強しないと貧乏になるよ。(イケハヤ大学)

上のリンクをクリックすると、YouTubeに飛びます。

上の動画を見ると、いかに日本人が勉強しないかがわかります。

勉強する人・しない人で二極化が進んでいるので、平均が6分となっていますね。

なので、ただ読書をして、書いてあることを実践するだけで、自分の周りと差をつけることができます。

僕も頑張ろ。

レバレッジ・リーディングのやり方

本選び

レバレッジ・リーディングは本を選ぶところからはじまります。

本の選び方

1,目的を明確にする
2,情報収集とスクリーニング
3,購入場所

上記1〜3を参考にして、本を選んでいきます。

1,目的を明確にする

人生の目標や、今抱えている問題を考えて、どんな知識があれば達成・解決するのかを考えよう。

特に決まった目標が無い人でも、「こんな知識があったら役立つな〜」とか、「ちょっと気になってたんだよな〜」程度でも十分です。

とにかく本を読む前に、目標を作りましょう。

2,情報収集とスクリーニング

基本的には、自分の目標や興味のある分野を勉強していけばいいですが、それだけだと知識や思考が偏りがちです。

なので、時々ネットの評判などを参考にして、本を購入するのがおすすめです。

僕はネットで評判になった本やAmazonランキングで1位のものは買って読むようにしています。

スクリーニングは、自分の好みを一切排除して、書評やレビューを参考にして本を買うこと。

3,購入場所

本は、インターネットか書店で購入する人がほとんどだと思います。

インターネットの利点は、24時間いつでも購入でき、他の人のレビューも読むことができる点です。

しかも、「あなたへのおすすめ」で興味がある分野の本をたくさん勧めて来るので、ついつい買い過ぎでしまうのが良くないところですね。

あと、やっぱり知識が偏る可能性が高いので、書店へ行って、ぶらぶらするのがイイですよ。

あまり興味が無い分野だけど試しに読んでみたら面白かったとか、思いがけない発見ができます。

僕の場合、ふらっと書店に立ち寄って、こんな本を購入してしまいました(笑)

イラストが多く、初心者の僕でも気軽に読むことができました。

 

本の読み方

読書の流れ

①本を読む目的を明確化

②制限時間を設ける

③全体を俯瞰する

④読書開始

といった感じです。

①本を読む前に目標を決めることで、目的の場所を読み落とす確率が減り、記憶にも残りやすいです。

②また、制限時間を設けることでだらだら読むことを防止し、短時間で集中して読むようにしてください。

③「全体を俯瞰する」というのは、簡単に言うと、本のまえがきや目次、あとがきを読んでこの本にはどんな情報が載っているのかを把握することです。

目次を読めば、本の全体的な流れをつかめると思います。

④読書開始です。

読書のコツとしては、「緩急をつけて読む」ことです。

重要だと思ったところはゆっくり読み、すでに知っていることや著者の経歴などは目を通すだけ。

これだけを意識することで、本を読むスピードが上がります。

レバレッジ・リーディングの肝は「本を汚しながら読むこと

汚すといっても泥で汚すのではなく、どんどん本に鉛筆などで書き込みをしていって、汚していきます。

読み終わったあとが重要!

本は読んだだけで満足しては行けません。

読書→行動をすることで、初めて自分の知識・経験になります。

 

どんなふうに行動するのかというと、本を読んでいるとき「重要だな」と思ったところに、線を引いたり、付箋を貼ったりしますよね?

そういった部分を違う紙に写して、ちょっとした暇な時間などで、そのメモを読み込んでいきます。

メモをなくすリスクがあるので、スマホのメモ帳か、Wordに写してから印刷するのがとてもイイと思います。

 

あとは、そのメモを読み込んで、行動していくだけです。

 

まとめ

今回は「レバレッジ・リーディング」について紹介していきました。

もっと具体的に知りたい!という方はぜひ本を購入して読んでみてください。

この本の中では、著者おすすめの本も紹介されています。

これからも読書を頑張りたいと思います。

そんじゃーばいばい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です